2013/12/18

クリスマスコンサート

早いもので今週でレッスン納めです!
秋冬はやはりコンサートや演奏予定が多く、忙しくも充実しておりました。

15日にはatelier168の企画であるクリスマスコンサートがあり、
ヴァイオリニストさんと一緒にクラシックの名曲やディズニー、クリスマスソングなどを演奏しました。

また、今回はじめての試みでナレーターとして活躍している方と絵本の朗読+ピアノで月の光を演奏しました。勿論一人で弾く時は違うものになるとは思いますが、『言葉』『ストーリー』というもっと具体的なものに音を合わせていく事で自然に繊細な音の揺らぎ、音色が出て、新しい感覚で聴く(弾く)事が出来て、とても新鮮な経験になりました。
お客様にも好評でしたので、是非また再演したいと思います!

2013/08/07

おとなのレッスン


現在勉強している大人の生徒さんたち、経験のある方々、ピアノはじめてからの方々とも、それぞれ忙しい中、とても頑張っており、皆さん日々成長しています。

コンサートでも続けて聴いているなどには、
「子供が毎年上手になるのは普通かなと思うけど、大人の方もちゃんと(?)上手になるんですね!!」とびっくりされる位です。

大人の方は自分の感性・世界がよりある分、理解力や反応が鋭い面もあるためレッスンも楽しく、私も気を抜かずに出来る限りの事を伝えているつもりです。
その結果、とめどない深さにため息をついてしまう方も多いですが・笑
私も日々そんな感じを味わっているので、あまり気になさらないで下さい。


今年度からは2人の生徒さんは他県にお引っ越しされましたが、ずいぶん遠いところを電車で1時間以上もかけて通っていただいて本当に嬉しく、また熱心に勉強を続けている姿を見て気が引き締まりまります。

ちらほら来春のコンサートの選曲の相談も・・1年が本当にあっという間!
※日程も会場も未定です

春なんてまだまだ先・と思いますが、私たち専門の者は1年かけてプログラムを準備する、なんて事は当たり前です。難しい曲を勉強するにつれて勉強の期間は、3ヶ月、半年、1年・・と長くなっていきます。

今日のレッスン中では選曲を兼ねて、ドビュッシーやシューベルトなどのCDを聴いて改めて良いな〜〜と思いました。



 先日は夏のヴァカンスのため帰国する友人の歓迎会を兼ねて、おなじみのNougatineで集まりました。
同じ時期にパリに滞在し、今も頑張っている友人たちの話を聞くのは本当に刺激になります。そして・・みんなよく食べ、本当によく飲みます!
ワインが大量に空いていましたよ〜


2013/07/17

パリ

先月末から久しぶりにパリに出かけてきました。
久しぶりの友人たちに会ったり、フランスの美味しいもの&ワインなどを楽しみ1週間のんびりと過ごしました。

ヴァカンスシーズンに入りますので、コンサートはあまり無かったのですが、一回だけダヴィット・フレイのモーツァルトのピアノ協奏曲20番&メシアンを聴いてきました。

オペラ・バスティーユは、モダンな建築で日本のコンサートホールの様ですが、オペラガルニエ、シャンゼリゼ、シャトレ、・・などパリには古くからのテアトルが沢山あって、それぞれとても美しく、コンサートも日本と比べてお安く聴けておすすめです。


Rue de Romeへは楽譜の仕入れに。この辺りは楽譜・楽器の店が並び、学校からすぐだったので、よくレッスン帰りに寄ってたので懐かしいカルチエです。

自分のものの他には、今年からはフランス人の生徒さん3名と勉強していることもあり、使い易そうな導入のテキストを何冊か仕入れてきました。ある程度弾ける様になるとやり易いのですが、導入はなんといっても楽譜の読み方、ルールなど説明する事項が多くて日本語でも結構大変。

全く日本語を話さない方には日本でフランス語のテキストを探してみたのですが、入手出来ず、ご家族が出来る英語のテキストを使ってみたりもしました。

今回買ったものはフランス語での説明や歌がついているので、私にとってもつたない語力で日本語→仏語、英語→仏語、と言葉を探すよりは遥かに分かり易く、劇的に楽になりそうです^^

去年買っておいてればな・・と後悔しましたが、
生徒さんの小さな弟君がレッスンはじめられそうなので、早速役立ちそう♪

パーティーで伺ったアパルトマンのテラスからのステキな眺め!
多分夜10時頃。日が暮れる前の空の鮮やかなブルーはヨーロッパならでは。



2013/06/17

ダニール・トリフォノフ ピアノリサイタル

昨日オペラシティで、前回ショパンコンクールで一番印象的だったダニール・トリフォノフのリサイタルを聴いてきました。スクリャービンのソナタ2番・リストのソナタ・ショパンのプレリュードというプログラムでした。

ちなみにショパンコンクールで三位をとった後には、チャイコフスキーコンクールで優勝しています。

彼はこの回のコンクールで初採用されたイタリアのファツィオリというピアノを弾いたのですが、今回のコンサートもこのピアノでした。



マズルカとタランテラ ピアノはスタインウェイです。

2013/03/18

コンサート終了しました♪


今年の小さな音楽会 -le petit concert- 無事終了いたしました。
沢山のお客様にお聴きいただきありがとうございます。
そして出演した生徒達、お疲れさまでした!

最後のレッスンでは、正直半分ほどの生徒さんは心配な状態でしたが・・
ステージでは皆様とても輝いて見えました。

当日の花束はお友達のお花屋さんへお願いいたしました。
また、写真はいつもお願いしている音楽雑誌のカメラマンさんへ。出演された方へは後日写真をお渡ししますが、いつもとても素敵にとっていただき好評です。

皆様のご協力で良いコンサートを開催出来ていることに感謝の一日でした。


2013/02/02

le petit concert 2013



早いもので今年も一ヶ月が過ぎてしまいました。

今年のコンサートは3/17(日)渋谷にて開催予定です。
あと一ヶ月と少しになってしまいました。
生徒の皆様は、そろそろ焦りながら・・・頑張っています!
私にとってもコンサートの各種手配、皆さんの選曲から、本番へ向けてのプレッシャー掛け(!)など、なかなか大変なのですが、やはり舞台へ向かう過程の伸びは、普段のレッスンとは全く違うなあと感じてます。
見学を希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

また、誠に勝手ながら今年の4月のレッスンよりレッスン室移転のため、中井の生徒募集は終了しております。

4月からは、中野区弥生町へ移転予定ですので、こちらも詳細ご希望の方はメールにてお問い合わせ下さい: atelierxplus@gmail.com 
3月中の体験レッスンにつきましては中井のレッスン室で可能です。