2017/12/08

ピエール=ロラン・エマール リサイタル



オペラシティにて、ピエール=ロラン・エマールリサイタルを聴きました。
プログラムは、メシアンの『幼子イエスにそそぐ20のまなざし』
1曲で2時間以上という大曲。
若干の気の重たさを感じつつ・・直前までレッスンして駆けつけました。 

この曲に関して充分な理解と共感を持ち合わせているとは言えませんし、
多くの人にとっても、楽しかったり、心地良かったりというタイプの音楽では
ないかと思いますが、
エマールのまなざしは、濁りのない明晰さと、見事なテクニックで、
これ以上ないのではという位、素晴らしい演奏でした。

N響とはラヴェルの左手を演奏し、アンコールではブーレーズのノタシオンを弾いたとのこと。聴いてみたかったなあ、、


春のシフと今回のエマール。
今年2回も、人生の財産とも言えそうな素晴らしいコンサートが聴けて、
しかも2回ともオペラシティで・
コンサート当たり年でした。

来年も良いコンサートに出逢えますように。