2016/04/12

エチュード考

 
生徒の曲を選ぶにあたって、自分の勉強してきた練習曲集(エチュード)を見返してみました。ツェルニー30番以降、40番、50番、モシュコフスキー15、20数字はそのまま曲数ですので、ここまでで155曲、ほとんど弾いた跡があります。
楽譜が見あたらないクラマー=ビューロ60もほとんど弾いてるはず。
途中平行してショパンのエチュードに入りました。(全部は弾いてませんが)

私でも、これらの曲を今から勉強しなさいと言われたら怯む量。
専門を目指す訳でない他に生活のある趣味の方にとっては、これだけ練習曲をこなすのは現実的でないと思います。あまり時間をかけずにうまくピアノと付き合っていく事も大事ですよね。

生徒で圧倒的に割合の多いレベルの、ツェルニー30番までの練習曲集を取り寄せて勉強中ですが、早速使えそうなものも見つかりました。

何かと嫌われがちなツェルニーですが、利点も沢山ある事に気付きます。
テクニックを強くする事は想像しやすいですが、構造がシンプルなので基本的な和声感覚、読譜力、音楽の先を予測する能力などが身につき、ツェルニーにはないような和声や音形を弾く時、より新鮮に感じる事が出来ます。
練習曲を勉強したからといってテクニックすべてに不安が無くなるという事は決してないですが、弾きたい曲を弾くための能力を短期間で習得する助けになるのものなのかなと思います。ツェルニー30番程度で弾ける曲は格段に広がります。


弾く機会はなかなかないかもしれませんが・・
他にエチュードといえば、他にロマン派以降の作曲家、ショパン、リスト、ドビュッシー、ラフマニノフなどが技巧的で華やかな演奏会用の練習曲集を残してます。



中でも一番有名なショパンのエチュード。革命、黒鍵、別れの曲・・など有名な曲も多く、音楽学校の入試やコンクールでも必須です。このポリーニのCDはほとんどのピアノ学生が持っているのでは?という名盤です。




2016/03/22

le Petit Concert 2016


3月20日に無事に今年のコンサートも終了しました。
早いものでatelier Plus+のコンサートも、もう5回目!
いつも支えていただいているご家族の皆様、ありがとうございます。
沢山のお客様にもご来場いただきまして本当に良いコンサートになりました。

音楽の勉強は数ヶ月、数週間と短い期間頑張った、というだけではなかなか身につきません。細かな事を丁寧に育てて、長い期間音楽と向き合い、1年前と比べてどう変わったかなという事をご家族様も私も客観的に見れる場だと思います。

聴きながら、今後一年間どういう事をしていったらいいかな?と考えてしまうのは先生だけかもしれませんが、演奏の中で、今出ている音、過去、未来と感じつつ
普通のコンサートでは無い部分だな〜と思いながら聴いていました。

本番前一ヶ月位はこちらも必死なのでお互いしんどい思いをしてレッスンしておりますが、それぞれみんな素敵な演奏だったと思います!

この経験を自信に、来年へのモチベーションに、繋げていって欲しいと思います。

atelier Plus+

2015/10/19

ショパン国際ピアノコンクール 2015

ワルシャワで5年に一度のショパン国際コンクールが開催中、昨日からファイナルです。
埼玉で本番(ヴァイオリン伴奏)で一日中ピアノを弾き、その後打ち上げで終電帰りでしたが、帰宅してLiveでコンチェルト4人聴きました(朝4時頃まで・・)

日本からは小さい頃から活躍されている小林愛実ちゃんが残っています。

ショパンはピアノ協奏曲を2曲残しましたが、10人のファイナリスト中1番を選んでいるのが9人。昨日も4人とも1番を選択、それぞれの演奏で面白かったです。
指揮者も同じ曲ばかりをそれぞれの演奏に合わせるので大変だと思います。

個人的好みではカナダのCharles Richard-Hamelin、アメリカのEric Luあたりが楽しみ。

今日、明日と、時差の関係深夜ですが、ファイナルが続きます。
YouTubeのChopin Instituteのチャンネルから、Live以外にも予選からの演奏も聴けますのでご興味のある方はどうぞ。

前回2010年覇者のYulianna Andeevaの演奏