2013/05/16

ダマーズのこと


ジャン=ミシェル・ダマーズという作曲家をご存知でしょうか?
少し前になりますが、今年4月21日に死去したフランスの作曲家です。

エコールノルマル音楽院の校長もしていたダマーズ。
そういった縁のある環境で学んだこともあり、ダマーズの作品に触れる機会は割と多かったと思います。室内楽のクラスでは積極的にダマーズ氏の作品が演奏されていました。


一度クラスのコンサートで演奏を聴いていただいた事があります。
やはりもう亡くなってしまった私の室内楽の先生にDamase氏が渡したクラリネットソナタ(元はクラリネットとハープの)楽譜が今手元にあります。
楽譜を貰ったErlih先生は演奏できる生徒を探していたそうですが、クラリネットパートは高音が多く、なかなか演奏困難な様で・・(ピアノもとても難しい・・)私たちもボツになり・・作曲家本人の前で演奏したのは、プーランクでした・・。

作風は新古典主義と言われていますが、彼の生きた時代の最先端の音楽ではなく、とても親しみ易いメロディーラインに明るくお洒落な和声で彩られた音楽です。

他にもサロン的な雰囲気で、小さなコンサートなどにふさわしい曲が多く、ラストはとても華やかなのもが多いので、もっと演奏されても良いと思います。

どうぞ安らかに。